Artists

Artists

小谷 くるみ

Kurumi Kotani

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

小谷くるみの絵画シリーズ「21g」では、画面全体が「窓」として想定され、結露したガラスの表面に何者かが触れた痕跡が残されている。
神秘的、あるいは超自然的な現象への関心から、ホラー映画の一場面を連想させるような画面を創出させ、そこに見えない何者かの気配、不確かな存在を浮き上がらせている。
一方、「時間・痕跡〈錆〉」シリーズでは金属の表面が空気や水に触れてできる腐食物、錆を絵具の代替物として使うことで、物質が変化する時間の経過や存在の痕跡を考えさせる。
そこに描かれた図像もまた、人類の存在を痕跡として示唆するものである。

In Kurumi Kotani's painting series 21g the entire paiting surface is treated like a "window," and on the glass with condensation are traces of someone.
Kotani, who is interested in the mystical or supernatural phenomenon, creates a image that reminds us of horror movies and indicates the presence of someone invisible,
something unsure.
On the other hands, in her series "Time,Trace,Rust," the way she uses the rust, which appeared on metallic surface due to exposure to the air and water as a painting medium,
makes un think about the passing of time that changes material and trace of existence.
The image that is created also becomes traces that suggest human existence.     

小谷 くるみ

Kurumi Kotani

1994年  大阪生まれ
2019年  京都造形芸術大学 修士課程修了

2022年  Ἥφαιστος(ヘーパイストス)、Nomart Gallery、大阪
2021年  S.SENSE、西武渋谷店、東京
2021年  砂から星へ、Nomart Gallery、大阪
2020年  FUZZY TRACE、DOPENESS ART LAB、台北
2019年  宇宙船地球号、東京都美術館、東京

1994  Born in Osaka
2019  Master degree of the Kyoto University Art and Design

2022  Ἥφαιστος, Nomart Gallery, Osaka
2021  S.SENSE, SEIBU SOGO Shibuya, Tokyo
2021  Sand to Stardust(Cosmos), Nomart Gallery, Osaka
2020  FUZZY TRACE, DOPENESS ART LAB, Taipei
2019  SPACESHIP EARTH, Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo