Artists

Artists

泉川 のはな

Nohana Izumikawa

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

画家。出身地である沖縄をテーマに、過去の写真資料をもとに現代の沖縄風景を表現したコラージュ作品、南国植物をモチーフにしたドローイングなどを制作。
複数の視点を同一の画面上で構成する手法や、いかにも沖縄らしいありふれたモチーフを使用することで「オキナワ」というイメージの持つ虚実について考察する。

Painter. Using her native Okinawa as a theme, she creates collages of contemporary Okinawan landscapes based on past photographic materials, and drawings using tropical plants as motifs.
By using the technique of composing multiple viewpoints on the same canvas and using commonplace motifs that are uniquely Okinawan, she examines the falsity of the image of "Okinawa".

泉川 のはな

Nohana Izumikawa

1991年  沖縄生まれ
2016年  東北芸術工科大学大学院修了
2016年  東北芸術工科大学大学院修了

2022年  「復帰」後 私たちの日常はどこに帰ったのか展、佐喜眞美術館、沖縄
2022年  夜が明けて、雨音で目を覚ます。、ナードギャラリー、沖縄
2022年  放課後の後の柔らかい会話、蕨市内住宅、埼玉
2022年  VOCA展2022、上野の森美術館、東京
2022年  しまをかく、しまにあう、Gallery 9.5、沖縄

1991  Born in Okinawa
2016  Completed Master's program in Art and Design, Graduate School of Art and Design, Tohoku University of Art and Design
2016  Completed Master's program in Art and Design, Graduate School of Art and Design, Tohoku University of Art and Design

2022  Where did our daily lives go back to after the "return"?, Sakima Art Museum, Okinawa
2022  Dawn breaks and I wake up to the sound of rain., NERD Gallery, Okinawa
2022  Soft conversation after school, Houses in Warabi City, Saitama
2022  VOCA2022 The Vision of Contemporary Art, The Ueno Royal Museum, Tokyo
2022  Draw an Island and Meet an Island, Gallery 9.5, Okinawa

https://ingasa.wixsite.com/nohaflower

 

推薦者

Selector

土屋 誠一

Seiichi Tsuchiya

美術批評家/沖縄県立芸術大学准教授

Art critic / Associate Professor at Okinawa Prefectural University of Arts

[推薦者コメント]

 

 色彩と線描とは、少なくとも西洋海外における古典的な対立概念だが、彼女の作品の特徴は、明らかに後者にある。結果的に、ペインタリーというよりも、ダイヤグラム的かつドローイング的な特徴が、彼女の作品の特質となる。一貫して、沖縄という地をテーマにしており、植物の植生という水準から、都市の風景、米軍基地と市民の生活圏とのボーダーといったものが、モティーフとして選択される。「沖縄らしさ」というイマジナリーかつ多面的なイメージを、それらのズレも含めて、いかに絵画上に実現するか、この点が彼女の作品の、批評性となっている。しかし、生硬な態度表明というよりも、むしろしなやかで、穏やかと言ってもいい絵画空間が、展開されることになる。