Artists

Artists

丸山 純子

Junko  Maruyama

Selection-GYM(2F 体育館)Selection-GYM(2F Gymnasium)

存在するもの:2018.5.17.22:25Things That Exist:2018.5.17.22:25

存在するもの:2022.8.11.12:43Things That Exist:2022.8.11.12:43

存在するもの:2018.2.11.11:15Things That Exist:2018.2.11.11:15

存在するもの:2018.2.11.19:38Things that exist:2018.2.11.19:38

Manonamanamono-KB#7Manonamanamono-KB#7

Manonamanamono-KB#2Manonamanamono-KB#2

Manonamanamono-KB#15Manonamanamono-KB#15

Manonamanamono-KB#20:ed.2/5Manonamanamono-KB#20:ed.2/5

Manonamanamono-KB#20:ed.3/5Manonamanamono-KB#20:ed.3/5

Manonamanamono-KB#20:ed.4/5Manonamanamono-KB#20:ed.4/5

無音花のある風景台Landscape stand with silent flower

無音花畑片 3A#A-1a Piece of Silent Flower Field 3A#A-1

無音花畑片 3A#A-2a Piece of Silent Flower Field 3A#A-2

無音花畑片 3A#A-3a Piece of Silent Flower Field 3A#A-3

無音花畑片 3A#B-1a Piece of Silent Flower Field 3A#B-1

無音花畑片 3A#B-2a Piece of Silent Flower Field 3A#B-2

無音花畑片 3A#C-1a Piece of Silent Flower Field 3A#C-1

無音花畑片 3A#C-2a Piece of Silent Flower Field 3A#C-2

無音花畑片 3A#C-4a Piece of Silent Flower Field 3A#C-4

無音花畑片 3A#C-5a Piece of Silent Flower Field 3A#C-5

無音花畑片 3A#C-6a Piece of Silent Flower Field 3A#C-6

無音花畑片 3A#C-7a Piece of Silent Flower Field 3A#C-7

主に、生活の中で出てくるプラスチックや食用廃油から作った石鹸などを素材にして、生、死、再生、人間と自然などをテーマに、素材、空間、その時々の状況を反映させながら、作品を制作している。

Using mainly materials from daily life, such as plastic and soap made from waste cooking oil, I create works that reflect the materials, space, and circumstances of the moment, with themes such as life, death, rebirth, and humans and nature.

丸山 純子

Junko  Maruyama

1976年  山梨生まれ
2002年  ニューヨーク市立ハンター・カレッジ 卒業
2002年  ニューヨーク市立ハンター・カレッジ 卒業

2022年  Alles Lebt、クンストラーハウス・ベタニエン、ベルリン (ドイツ)
2020年  花と海から始まる物語、こども美術館、千葉
2018年  Re:、F1963、釜山 (韓国)
2017年  観光-BankART Life 、BankART Studio NYK、横浜
2015年  越後妻有大地の芸術祭、星峠、新潟

1976  Born in Yamanashi
2002  Graduated from City University of New York, Hunter College
2002  Graduated from City University of New York, Hunter College

2022  Alles Lebt, Kunstlerhaus Bethanien, Berlin (Germany)
2020  A Story Begins from Flowers and the Sea, Kodomo Museum, Chiba
2018  Re:, F1963, Busan (Korea)
2017  Kanko - BankART Life V, BankART Studio NYK, Yokohama
2015  Echigo Tsumari Art Triennale, Hoshitouge, Niigata

http://maruyamajunko.com/

 

推薦者

Selector

細淵 太麻紀

Tamaki Hosobuchi

BankART1929代表/アーティスト

Director of BankART1929, Artist

[推薦者コメント]

 

丸山純子は廃油に苛性ソーダを混ぜ、まるで錬金術師のように大きなお鍋でぐつぐつ煮込んで全てを石鹸に変えてしまう。廃油からつくった石鹸とはそもそも汚いのか綺麗なのか矛盾に満ちた個体であるが、それが丸山の画材となる。横浜では、2020年に竣工した横浜市新市庁舎の建造前の広大な空地に、石鹸の粉で大きなドローイングを描いた。石鹸は絵の具でもなければ空地はキャンパスでもないから、雨が降れば文字通り水の泡となる。しかし丸山はそれに抗うことはせず、流されていく自らのドローイングを引き受ける。丸山のもうひとつの代表的な作品として、石油からつくられた使い捨てのビニール袋を使った「無音花」のシリーズがある。無音のなかに咲く花のように、丸山自身も、静かに凛と自らの所作とその在り方を示し続けている。